2017年9月29日金曜日

Zoiper は Beta の v.2.2.1 で使うべし(今は)

Zoiper LITE (Zoiper IAX SIP VOIP Softphone) には、いくつかのバージョンがあります。

① そのままだと、いま現在のバージョンは v.1.53。

② Beta テスト参加者向けは、v.2.2.6 にアップデートがくるはず(?)でした。

この Beta テスト参加者向けは 8月に一旦は v.2.2.1 で ZoiperBeta と同じバージョンになっていたのですが、その後 v.2.2.6 にアップデートされてからおかしくなったみたいで、現時点では Beta テスト参加者向けアップデートが止まっていて、v.1.53 の古いバージョンに戻っています。

③ ZoiperBeta は v.2.2.1。

これらの中で一番安定しているのが ZoiperBeta v.2.2.1 です。

v.1.53 と v.2.2.6 は Registration Failed エラーが発生します。

v.2.2.6 は一旦レジストが外れると、スマホの再起動までしないと回復しないこともあります(必ず、ではなさそうだけど)。

少し、問題を抱えている方は ZoiperBeta v.2.2.1 でしばらく運用される方がいいと思います。







2 件のコメント:

  1. こんにちは、はじめまして
    ブルージョナサンといいます

    記事とても参考になります。


    私のページに質問があったのですが
    検証出来ない質問であったので
    勝手ながら引用させていただきました

    どうも、ありがとうございました。

    ttps://kakuyasuunyou.info/archives/3523


    追伸
    私のほうはSO-02GでAndroid6.0.1
    でzoiperは1.53を使用してます。

    返信削除
    返信
    1. ブルージョナサンさん、はじめまして。

      当ブログを参考いただきありがとうございます。

      Zoiper は昨年一旦は ver.2 系にアップデートされましたがそのバージョンに致命的な障害があり、ver1.53 に戻され長らくアップデートされていませんでしたが、2018-2-20 付アップデートで ver.2.2.52 になりました。

      でも Android 6.0 / 7.0 系でのディープスリープ時の着信見逃し問題は最新バージョンでも解消されていません。

      これまで Zoiper で一番良かったのは BETA の ver2.2.1 です。
      いまは BETA はなくなっていますので次点で 1.53 かも知れませんが、提供側の障害によるグレードダウンとか、なかなかアップデートがでなかった、とか、でても結局着信見逃しという問題が解消していない等々、いまは不信感すらあります。

      私は GS Wave にして以来非常に安定して使えていますので、Zoiper はいまは使っていません。
      また、GS Wave には SIP INVITE 攻撃対策機能が備わっていますが、Zoiper はじめほかのソフトフォンアプリにはそれがありません。

      iax2 を使うならば Zoiper 一択にならざるを得ませんが、iax2 のセキュリティ確保がいま一つだったので、これも止めました。

      我が家には Asterisk サーバーがあり IP 電話を収容していますので、外から内線コールなどの際に iax2 がいいかも、と思って一時対応しましたが、結局セキュリティの確保が難しいということから内線コールなどは OpenVPN でイントラネットに入るほうが安心できるという結論に至りました。

      今現在は外線(050)から特番にかければ IVR 機能で内線コールなどをコントロールできるようにしましたので、OpenVPN も不要になりました(蛇足でスミマセン)。

      ver.1.53 にダウングレードするのもどうかと思い、GS Wave にしています。

      なおコーデックですが、お互いが iLBC の場合は LTE での使用感もいいのですが、固定電話や携帯電話との相性を考えると G711.μ(uLAW)が勝ります。

      なぜなら固定電話は G711.μ しか対応していなくて、iLBC との間では音声が一方通行になったり、音が割れる事象に見舞われるからです。

      ご参考になれば幸いです。

      削除