2018年3月10日土曜日

Grandstream Wave(GS Wave)使用上の留意点

GS Wave を使うときに少し留意するべきことがあります。



① ダイヤルの際に、番号にハイフンなどの文字が含まれるとエラーになることがある


 例えば、ブラステルから 03-1234-5678 とか、050-1234-5678 のようにかけると
 「お客様がおかけになった番号は正しくおつなぎすることができません・・・」
 というメッセージが流れエラー発信になります。

 本件は「Advanced Settings → GENERAL SETTINGS → Edit before Dial:
 オン」の場合にエラーになり、オフのときはハイフンが含まれていても正常に発信され
 ることが判明しました。

 発信元がほかの ITSP 事業者(IP 電話事業者)の 050 の場合は違ったエラーになった
 りします。
 うまく発信できる ITSP 事業者もあるようです(例えば FUSION IP-Phone Smart)。

 これは GS Wave がハイフンを取り除いて発信しないからで、ハイフンを含んで発信し
 てきたときに ITSP 事業者によりどういう扱いになるかが違うからです。


 Zoiper では "Characters To Strip" で発信時に取り除く文字を定義でき、デフォルトで
 は " ,-()[]{}"(半角スペース、コンマ、ハイフン、半角カッコ()、[]、{}) が取り除かれ
 る文字になっています。

 つまり相手の番号が例えば 03(1234)5678 とか 03-1234-5678 などとあっても正し
 く発信できます。


 GS Wave ではこのストリップ文字を定義できないので、そのまま発信してしまってエ
 ラー発信になってしまう場合があるのです。


 GS Wave では Prefix は定義できるのですが、ストリップ文字は定義できません。

 電話帳に登録された番号にハイフンなどが含まれていてそこから発信の場合も同じく
 エラーになったりします。


 Android 標準電話帳は、やっかいなことに番号登録時に自動的にハイフンが付加され、
 編集で取り除いても「保存」でまた付加され取り除けません。


 そのため私は ”Quick電話帳” アプリをインストールして使っています。

 このアプリは標準電話帳と同期される作りになっていて、しかも編集でハイフンなどの
 文字を削除して・再保存できます。

 インデックス機能など、標準電話帳よりも使い勝手に優れています。

 "Quick電話帳" から検索してダイヤル発信できますし、電話帳にはハイフンなどの文字
 を取り除いて登録してありますからエラーにならなくてすみます。


 GS Wave でとくに留意いただきたい点がこの点です。

 Grandstream 社へ要望を出しましたが、「検討はしてみる」とだけ返事がありましたが
 いまだこの点は改善されていません。

 前述のように新たに GS Wave の動作がわかりましたが、Grandstream 社からは何も
 この件でサジェストはありませんでしたし、マニュアルにもこれは記述されておらず、
 偶然当サイト訪問者の方からご指摘を受けてわかった次第です。

 おそらく、ITSP 事業者側が考慮するべき点との考え方かも知れません。
 (Zoiper はベルギーのアプリのようですので考え方はまた違うのでしょう)

 ならば、ブラステルにかけあうのがスジなのかも知れません。



② コーデックは "PCMU" の設定は必須

 お互いが iLBC ならばモバイル時に低速になった場合にお勧めなのですが、
 固定電話や携帯電話が相手の場合を考えると "PCMU(G.711μ)" が必須です。

 Zoiper では "uLaw" で定義されていて同じものです。

 "PCMU" を使う設定にしないと音声が割れたりしてうまくありません。

 したがって "PCMU" を選択して先頭に置いてください。

 それ以外は、お好みのコーデックも選択しても構いません。



③ SIP INVITE 攻撃対策設定

 次の二つの設定をしておくといいでしょう。

  "Only Accept SIP Requests from known Servers"
  "Check SIP User ID for Incoming INVITE"

 これはほかのソフトフォンアプリにはない GS Wave だけの機能ですが、
 SIP INVITE 攻撃とか、ダイレクト IP 攻撃といわれる ”100” 番とか ”1000” 番とかの
 番号でコールしてくる攻撃を防いでくれる機能です。

 本件はここに少し詳しく記載してあります。


 この機能は非常に有効で、これだけで GS Wave を使う価値があるというものです。




以上の3点はとくに留意していただければ、と思います。



ほかにもお知りになりたい項目があれば、各記事の文末の "n件のコメント:" をクリックしてコメントを投稿ください。

わかる範囲でお答えします。




【2018/03/27 追記】

10秒タイムアウトするケースは、

 ① コーデックが合っていない
 ② ブラステルで 050 Free を、GS Wave や Zoiper と併用していて、
   050 Freeの設定で「プッシュ着信」にしている

場合にタイムアウトすることがあるようです。

① の場合は GS Wave では PCMU/GSM/PCMA(Zoiper では uLaw/GSM/aLaw)を設定してみてください。

② の場合は、050 Free を一旦「フォアグラウンドのみ着信」に変更して、ホーム画面に戻りプッシュにならないのをアイコンで確認。またプッシュ着信しないことをほかの携帯電話などからかけてみて確認します。

OK ならば 050 Free をアンインストールします。

これでcGS Wave や Zoiper でうまく着信するようになると思います。




【追記 2018/04/01 バージョンアップ】

1.0.2.20 から 1.0.2.21 にアップデートされました。
「カラーテーマを追加」となっていますが、どこが追加なのかよくわかりません。

それ以外の変更はないようですが。



【追記 2018/05/29 留意事項の追加】

① ファーウェイの P10 Lite でスリープ時の不着信があり、VoIP アカウントを

  ”Enable Session Expiration : オン"

 に設定すると、 レジストエラーになって不着信するようです。

 したがって、これは「オフ」にしてみてください。


② 端末の所有者アカウント以外にサブアカウントを設定しているとき

 GS Wave は端末自体のマルチアカウント時に、所有者アカウント以外で GS Wave へ
 の VoIP アカウント設定をしていて、端末を所有者アカウントに戻し、再びサブアカウン
 トに切り替えると、設定していた VoIP アカウントが消える(VoIP アカウント未設定状
 態になる)、という事象があります。

 ややこしい表現ですが、

  端末の所有者アカウント:
    端末を初期状態から最初のセットアップ時に登録する Google アカウント

  サブアカウント:
    もう一つの Google アカウントを登録

 の場合です。


 サブアカウントで GS Wave に VoIP アカウントを設定します。
 そして端末を所有者アカウントに切り替えます。
 再びサブアカウントに切り替えます。

 そうすると、サブアカウント用に GS Wave で設定していた VoIP アカウントが消えて
 しまうのです。

 所有者アカウント側の GS Wave の VoIP アカウントは問題はありません。

 あまり使われることはないと思いますが。




23 件のコメント:

  1. バイク野郎さん

    おはようございます。
    GsWaveの存在を知ってブラステルとFusionを設定しています。
    先週、友人の携帯宛にGsWaveを通じて初めて電話をかけてみましたが、私からかけると10秒ほどで切れてしまいます。(2,3回繰り返しましたか同じでした)
    友人の声は大変クリアに遅延もなく綺麗に私の方へ届きますが、私の声はとぎれとぎれだったり雑音が入ったりして非常に聞き取りにくいということでした。
    これはIP電話の宿命でしょうか? wifi環境でしたので無線機の近くに移動して話そうとは試みました。この件についての解決策はありますでしょうか?

    私は、キャリア携帯を解約していますが、IP電話が上の調子ですと再度契約を考えないといけませんので、どうしたものかと思っています。

    返信削除
    返信
    1. refiaさん、おはようございます。

      10秒ほどで切断になるということですが、コーデックが合っていないことが考えられます。

      Settings -- >> 対象アカウント -->> CODEC SETTINGS -->> Preferred Vocorder

      の設定はどうなっていますでしょうか。

      推奨は WiFi, 2G/3G/4G ともに PCMU/GSM/PCMA をこの順序で設定、その他のコーデックも使いたいときは、これらの後ろで選択・チェックします。

      いかがでしょうか。


      削除
  2. 返信、ありがとうございます。

    今、コーデック設定を確認しました。PCMU/GSM/PCMAにチェックしてあります。
    これで10秒くらいで切れるようなことはなくなっても相手側でも聞こえ方についてはどう思われますか?

    返信削除
    返信
    1. refiaさん

      切れなくなったのでしょうか。

      音は PCMU ならば固定電話並みの音になるはずです。
      GSM は昔の携帯電話と同等の音質です。

      コーデックは相手方と同じコーデックを使うようになっていますから、どちらかが対応していないとうまくありません。

      IP 電話ではお互いにコーデックリストを交換し、上位から照合して最初に一致したコーデックを使います。

      固定電話(今の携帯もそうですが)は PCMU(G.711μ)を使いますから多分大丈夫と思いますけど。

      削除
    2. こんにちは。

      返信が大変遅くなり、申し訳ありませんでした。

      この質問後からまだ電話をする機会がなく、途切れるかどうかわからないのです。

      ただ、1つわかったのはディープスリープ時になると、繋がらないと相手から言われました。

      やはり通話SIMをつけるべきかなぁ。

      尚、私は徹底したケチなため(苦笑) 今は、NURO モバイルの0SIMのデータ契約で毎月0円です。通話付きですと、使っても使わなくても毎月756円出ていくのがイヤでデータのみにしました。
      この756円が通話SIMで最安なのは存じているんですけどね。

      削除
    3. refia さん、こんにちは。

      スマホの機種によってはスリープ時の着信逃しがあるようですね。
      機種は何をお使いで、Android のバージョンは何でしょうか。

      ネット環境は WiFi での事象でしょうか。
      4G-LTE ではどうでしょうか。

      LINE 通話の方はいかがでしょうか。
      LINE 通話の着信が NG なら機種依存か、ネット環境が疑われます。
      LINE 通話の着信が OK ならば、機種依存かも知れません。

      相手の方からはどのように「つながらない」といわれていますか?
      呼出音がしない、呼出音はするがずーっと着信応答されない、あるいはすぐに切断される、等事象によって原因も異なってきます。

      もう少し詳しくお教え願えたらと思います。


      私もネット環境が固定・携帯含めていかに安くまた、安定的にできないか?
      というのが動機の一つです。

      いまはとてもいい環境・月額費用になっています。

      家庭内のネットもまだ改善の余地はあるものの、とりあえず家の中のどこにいても 50〜60Mbps で使えています。

      元が NTT 東のフレッツマンションタイプなので最大 100 Mbps ですが、Mac では 90 Mbps 前後で安定したスピードになっています。

      削除
  3. 返信、ありがとうございます。
    まず、私のスマホは、機種は、ヤマダ電機のEveryPhone EN で、アンドロイドの7.0 です。

    ネット環境はwifiです。4G-LTE というのはどういった回線になりますか? スマホの契約のデータ回線でしょうか?
    私は0sim使い ですので、その回線が使えるかどうかは不明ですが、なんせ、500MBまでは0円ですので、速度としてはまず使い物になりません。
    ですので、電話する環境はwifiになります。
    尚、Lineですが、こちらでの通話はしたことがありません。Lineをそもそも使いません。

    相手の「つながらない」は、電話をすると通話中の「ツーツー」という状態だそうです。

    家庭内のネット環境は、catvの光ケーブルで、5Mbps です。

    データとして物足りないかもしれませんが、よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. refiaさん

      スマホ機とAndroid7.0を了解しました。
      CATV でインターネットに接続して、WiFi ルーターを経由して WiFi でお使いということですね。


      私のスマホは当該機種とは異なり motoG4Plus ですが同じ Android7.0 で問題は発生していません。
      ほかに我が家には g07+(同じくAndroid7.0)や Nexus5(Android 6.0)がありますが、いずれも問題は発生していません。


      まず、レジスト外れの場合はかけた側がすぐに切断されます。

      レジストされているがディープスリープ状態で着信逃しの場合は呼出音は発信側に流れます。
      着信のための Doze(Android 6.0 以降に実装された省電力のためのスリープ機能)からの復帰
      がされていない状態、です。


      話中音になるというのは、通話中のときですので通話中でもないのに話中音が流れるという事象がどうもわかりません。

      FUSION への本登録はされていますよね、念のための確認ですが。
      FUSION のマイページでの設定状況も確認してみてください。

      なおほかのソフトフォンアプリも設定していないでしょうか。
      たとえば FUSION IP-Phone Smart の場合 SMARTalk というアプリが提供されていますが、これも設定有効化していないでしょうか。


      0sim のデータ通信は帯域・速度・回線遅延面で IP 電話には少し厳しいかも知れません。
      ですが、試す価値はありそうですね。
      使えれば、0sim でも IP 電話は OK といえますから。

      もう1台、別の電話があれば自分で発信テストができるのですが・・・・

      原因特定に至らなくてスミマセン。

      削除
    2. refia さん

      ルーターの設定で UPnP設定している、またはNAT設定していないのにGS Wave でNAT Traversal 設定しているなどの場合に話中音が流れることがあるそうですから、ルーターの設定も確認してみてください。


      削除
  4. 0simは、ご存じの通りの速度に加え、0円で運用したいがために電話機能はwifi環境が整った場所でないと掛けないようにしています。
    FusionもGSwaveにレジストされています。

    Dsleep時から復活した時、しばらくfailedになっていますので、おかしいのはそのせいでしょうかね?

    返信削除
    返信
    1. refia さん

      Registered Failed はネットワークがつながっていないときにでます。
      ディープスリープでネットワークが外れているのではないでしょうか。
      スマホの WiFi の設定で「WiFi -->> 詳細設定 -> スリープ時に WiFi 接続を維持」が「常に接続」になっていますでしょうか。

      削除
  5. ルータですか?

    3/31の土曜日に電話を私が受けれなかった時に先の言葉を言われたのですが、この時は、会社でwifiの環境でしたので、ルーターは私の机のすぐ横にありましたが、設定がどうなっているかはみてないですが、動かすのはちよっと躊躇われますね。

    自宅のwifiルータは、設定をいじったことがありませんが、GSwaveの設定のNatTraversalはkeep Alive でしたが、これをNat No でよかったですか?

    返信削除
    返信
    1. 会社でのルーター設定はなかなか触れないと思いますが、自宅の方の設定はどうなっているのでしょうか?

      NAT Traversal の設定を変えてみるのもいいかも知れません。
      No, UPnP(オススメではありませんが), Auto など。
      ルーターは殆どが UPnP が初期値でオンになっていますので、これをオフにする方が好ましいと思います(ゲームで必要でなければ)。

      0sim でも着信くらいはできますよ。通話まではどうかなと思いますが。
      たしか500MBまでは追加料金は発生しませんよね。

      通話で消費する容量は、しょっちゅう電話するのでない限り500MBを使い切るほどにはならないと思いますけど。


      削除
  6. 自宅のルータ設定は、本体のことではないですよね? というか大した設定らしきものをせず繋いでいたのでよくわからないんです。

    0simは着信ができるかもしれませんが、着信できたところで通話ができないと意味がないため、データ通信で通話は避けたいのが本音です。
    それに、友人と電話では、軽く1時間は話していられますから(笑)

    返信削除
    返信
    1. ルーターの設定を確認してみてください。
      UPnPがオンならば、これをオフにしてください。

      スマホの WiFi は「スリープ時に WiFi 接続を維持」が「常に接続」になっているのでしょうか。

      FUSION のマイページでの各種設定は確認されましたでしょうか。



      削除
    2. おはようございます。

      ルーターの設定は、UPnPはオフにしました。

      fushionの設定は、(この場合GSwave上のという意味ですよね?)合っていました。
      スマホ本体のwifiは常に接続になっています。

      削除
    3. 0SIM は SMS なしの場合、500 MB/月 までは無料ですよね。

      これは IP 電話では 1.5時間〜2時間話せる容量です。

      通話可能時間は、無音の時間(お互いに間を置いたりして話していない時間)に依存してこれが長くなれば通話可能時間も延びます。

      最低でも 1.5 時間強話せます。


      0SIM の速度は平均的には2Mbps 程度、最低で 200Kbps くらいで、Ping 値は 40〜50 ms のようですから、IP 電話には差し支えないレベルと思います。
      実際に試してみないとなんともいえませんが、ネットでのスピード比較などをみると概ね上記のような数値のようです。

      着信応答が外でも可能になると、便利だと思います。

      データ通信時は長く話さないで、話が長くなるようなら WiFi で、と使い分けるといいと思います。

      なお、FUSION IP-Phone Smart は 30 秒課金で 8.64 円/30秒ですから、お互いが FUSION 同士は無料ですが、それ以外だと結構高くつきます(携帯電話料に比べれば約半額ですが、固定電話向けは高い)。

      最安値レベルだと、例えばブラステルの場合は初期加入料/月額料金はともに発生せず、通話料は 8.64円/3分で済みます。
      仮に1時間話したとして、6分の1の料金で済みます。

      携帯向けでも 14.58円/1分ですから FUSION よりも少し安くて済みます。

      IP 電話は使い分けで便利に安価に通話できるのでこういったことを勘案してお使いになるといいと思います。



      削除
    4. FUSION の設定というのは、FUSION IP-Phone Smart の加入者向けサイトでの設定のことです。

      そこでは転送設定や留守電設定などを設定変更できます。

      FUSION のアカウントでログインして、「各種設定」の状況を確認してみて欲しい、ということです。

      なおルーターの UPnP をチェックオフされてのレジストの状況は改善されましたでしょうか。

      削除
    5. FUSIONの各種設定は、転送設定や留守電は使用していません。
      以前、留守電を利用しようとした時、電話をかける=即留守電に繋がる という状態になってしまったためです。

      レジスト状況は変わらずDEEP SLEEP時に鳴らないです。(家電から鳴らして試しました)

      削除
    6. ディープスリープ中にネットが切れているのが原因と思われます。

      "Account Settings -->> 当該アカウント -->> Session Expiration Settings -->> Force INVITE にチェックを入れる”

      を試してみてください。

      あとは、"Heartbeat Fixer for GCM" というアプリを Google Play からインストールし、"Settngs -->> GCM heartbeat interval WiFi -->> 5 minutes" および "GCM heartbeat interval Mobile -->> 5 minutes" に設定して右上の赤いボタンを有効にしてください。

      このアプリは一度起動した後は画面から終了して構いません。

      これは Android スマホへのプッシュ通知をスリープ中でも受け取れるようにするために定期的に Google と Keep-Alive するアプリです。


      それでもダメな場合は、スマホに依存した問題かも知れません。

      一部のスマホ(ファーウェイだったかXperiaだったかは定かではないのですが)ではこういう事象があるようですので。




      削除
  7. 結局、ネットが切れているということですね。

    教えて頂いたアプリを設定して、Dsleep時にならしてみて、結果をお知らせします。

    ところで、私はsoftphoneアプリにどれを使用するかということに拘りは全くない、というか
    単に通話品質を向上させようという思いでsoftphoneの存在にたどり着きました。

    最初に知ったのはZoiperでしたが、設定がまったくうまくいかず、failedばかりになり、バージョンを落としてもbeta版にしてもfailedになるため、こちらのGSwaveを知ったわけですが、今現在の再診アプリsoftphoneは結局どこがいいとかってありますか?

    返信削除
    返信
    1. ソフトフォンアプリは私が試した限りでは GS Wave が一番いいように思います。
      次点で Zoiper という感じです。

      Zoiper は最近アップデートされて Beta 版は v2.3.9 になっていて、フリー版(LITE)よりもBeta 版の方がオススメですね。

      一時期、v1.53 のあとの v2.2.47 〜 52 あたりで Failed になる事象があり、Zopier 自体がダウングレードして一旦 V1.53 に戻していましたが、今年の3月〜4月にかけて再びアップデート版をデリバリしたようで、いまは Failed はなくなったようです。

      これら以外はオススメではないので、それらがダメだとなると悩みますね。


      スマホ本体の設定で、「アプリ -->> 電池の最適化 -->> 最適化していないアプリ」に GS Wave を設定していますでしょうか。

      「最適化」してしまうとスリープ中に電池を使わないので寝ちゃって起きにくくなってしまいます。
      「最適化しない」設定にしてみてください。

      ソフトフォンがうまく使えない状況は、スマホ本体の設定、ソフトフォンの設定、ネットの設定(およびネット環境)がうまくないことが多く、最初からやり直してみるのも手です。
      意外と、見落としていることがあります。


      一度、FUSION の SMARTalk にしてみるのもいいかも知れません。

      なお、普段使いには少し使い勝手は良くないのですが、Android の標準の通話アプリで IP 電話設定してみるという手もあります。

      標準はあれこれ設定できない分、単純に使えると思います。


      一部の機種では機種依存による不具合もあります。
      この場合は、ソフトフォンアプリを変えてみるとうまくいく場合があるようです。

      削除
  8. ありがとうございます。

    設定を1からやり直ししてみたり、標準仕様使いというのも手ということも頭にいれておきます。
    ありがとうございました。

    返信削除