2020年7月4日土曜日

Mac とスマホの間で同期する ノートアプリ --- その2



ノートアプリは、次のような機能が備わってほしい、と「その1」で記述しました。



 ❏ フォルダ機能や、タグ機能があって、ノートブック(冊子)とノート(ページ)が
   扱えて分類ができる

 ❏ リッチテキスト(あるいは Markdown、Tex、HTMLなど)が扱える

 ❏ テキストだけでなく画像も貼り付けられる

 ❏ Mac 版と Android 版が用意されていて、お互いにクラウドで同期される

 ❏ クラウドとの同期転送時や格納時に暗号化される

 ❏ できれば、ノートの生地や題名にも色付けができるといい

 ❏ 本文を含めた検索機能がある




この要件に近いものとして「zoho Notebook」を事例として記載しました。


その後、上に挙げた要件リストの下から2番目の「❏ できれば、ノートの生地や題名にも色付けができるといい」を除けばほぼ理想的な ノートアプリが見つかりました。




 Joplin というアプリです。




テキサス州出身の Janis Joplin という女性ロックシンガー(レジェンド)を思い出しました(古いかな)。



ホームページは https://joplinapp.org/ です。


Windows / macOS / Linux 用があり、スマホ用は Android / iPhone のどちらも対応していますからマルチプラットフォームで、PC や Mac や スマホ間で同期できます。



Markdown / HTML に対応していますので、文字への色付けもできます。


画像やファイルの貼り付けもでき、Web Clipper も備わっています。



多言語仕様になっています(メニューなどがデフォルトは英語ですが、簡単に日本語にできます。ノートの記述はもちろん日本語は大丈夫です)。



DropBox と連携できます(OneDrive 他のクラウドに変更可能)。


つまり、DropBox にノートを格納し、これを他端末と共有できるのです。



ノートは暗号化可能です。


DropBox 格納転送時も暗号化されたファイルで送られます(DropBox 自体もセキュアな転送ですので、2重にガードされるということです)。



まだ、使いこなれていませんので本記事は執筆途上ですが、仮公開します。













2020年7月1日水曜日

AQUOS に Android10 のアップデート




楽天版 AQUOS sense3 lite には 6月30日にアップデート通知がきました。


同じく楽天版 AQUOS sense3 plus にも 7月1日にアップデート通知がきました。




どちらもアップデートを実施しました。


25〜30分程度で完了します。



とくには不具合もありません。



Android10 にしなければならない急ぎの理由はありませんが、Android10 からセキュリティアップデートは Gogle Play Store からのアップデートになるようです。




SIM フリー版の Android10 へのアップデートはまだ少し先になるようです。











Mac とスマホの間で同期する ノートアプリ --- その1




iPhone 純正のメモアプリであれば、Mac 純正のメモアプリと同じなので iCloud で同期され、大変使いやすい。


リッチテキスト並みに扱えて、画像なども貼り付け可能です。



これまで Evernote 〜〜 OneNote を使ってきていましたが、この Mac 純正メモアプリは最強ではないでしょうか。


残念なことに、Android 機用のアプリがありませんので両者の間で同期できません。




楽天モバイルに MNP したのを契機に iPhone を手放しましたから、純正メモアプリは Mac でしか使えません。




ノートアプリとして機能的に優れているのは Evernote か OneNote くらいですが、どちらもスマホでの使用は少々重くて使いづらい。


Web クリップができるのは強みですが。



Windows PC のときは Evernote で、Mac に変えてからも使っていましたが、Free 版はクライアント2台までという制限になってからは OneNote に変えていました。


iPhone を使い始めたときに Mac 純正のメモアプリの使い勝手のよさにハマってからは OneNote は Web クリップ機能以外には使わなくなりました。




Android 機だけなら Color Note や Google Keep があるのですが、これらには Mac 用のアプリはありません。


Google Keep は iPhone メモアプリに準じる機能があるのですが、Mac では ブラウザで使うしかなく、大変使い勝手が悪くなります。



Google Keep はメモアプリだからかブック(フォルダ)が扱えず、少し Mac メモアプリに劣ります。


===================== ◇ ====================




ノートアプリは、次のような機能が最低限備わってほしいのです。



 ❏ フォルダ機能や、タグ機能があって、ノートブック(冊子)とノート(ページ)が
   扱えて分類ができる

 ❏ リッチテキスト(あるいは Markdown、Tex、HTMLなど)が扱える

 ❏ テキストだけでなく画像も貼り付けられる

 ❏ Mac 版と Android 版が用意されていて、お互いにクラウドで同期される

 ❏ クラウドとの同期転送時や格納時に暗号化される

 ❏ できれば、ノートの生地や題名にも色付けができるといい

 ❏ 本文を含めた検索機能がある





候補は Bear / Boost Note / Simplenote / Standard Notes / zoho Notebook です。



Bear は評価していませんのでわかりません。



zoho Notebook はそれ以外を使ってみて、その後になって存在を知りました。





【 Boost Note 】




Markdown が扱えて画像をドラッグ操作で貼り付けられるので大変に便利です。



Markdown では URL で画像貼り付けはできてもローカル画像を貼り付けできない場合が多いのです。


操作は大変軽いのですが、とくに画像を含む場合は同期に時間がかかるのが難点です。


また同期転送時の暗号化は製品ホームページにも記載がありませんので不明です。


重要なノート(アカウント情報や口座情報)は書き込ない方が無難かもしれません。



フリー版のクラウドの容量は 100 MB です(Premium 版は $3.00/month で 2 GB。+5GB / $5.00)。




試しにフリー版を使ってみました。




文字色は HTML 記述するしかないのですが、右画面(Markdown パース後画面)では HTML は無視されるようで、色は付きません(Markdown 自体に記述形式がないので仕方がないのかも)。




ダークテーマを設定していますので、全体が黒背景になっています。


画像はドラッグで ”[画僧]” の後ろに貼り付けました。


画像のドラッグでの貼り付けができるのは大変に作業性が向上します。









100 MB でも結構ノートを格納できそうです。






【 Simplnote 】




 軽さでは一番で、同期も殆ど瞬時です。

Markdown での画像の扱いが少し面倒なのと、機能しない記述形式があります。


URL 画像は Markdown 記述できるものの、ローカル画像の貼り付けができないのは致命的です。



Simplenote もまた、同期転送時は暗号化するがストレージ保存時は平文で保存すると、製品ホームページにあります。


また、ホームページには「機密性の高い情報は記録を勧めない」とあり、今ひとつセキュリティ上の信頼感が薄いようですから、重要な内容はノートしない方が無難かもしれません。






【 Standard Notes 】




オープンソースで フリー版はプレーンテキストしか扱えません。


シェアウェア版では Markdown ほかのリッチテキストエディターなどが使えるようですし、同期転送時の暗号化もされているようですから安心して使えます。


シェアウェア版を試せていませんので、これ以上の評価はできません。


フリー版でも同期転送が暗号化されますので、安心してメモできます。







【 zoho Notebook 】




zoho は米国の クラウドサービス会社で GAFA の次に期待されている企業です。


zoho のホームページには、Evernote に真っ向から対抗した記述があるくらいですから、それなりの機能や使い勝手が備わっています。



スマホでの「重さ」を感じることはありません。


クラウドの容量は無制限ですし、ほかの zoho クラウドアプリも使えます。


先に挙げた条件では、文字に色付けはできませんが「反転・強調・斜体・消し線」が使えます。


クラウドは zoho のクラウドで GoogleDrive に比しても可用性・セキュリティ・容量など、決してヒケをとりません。




「ノートブック画面例」

 例では1冊だけですが何冊でもノートブックを作ることができます。

 表紙のデザインは予め用意されたものか、カスタムカバーを使うこともできます。

 例ではカスタムカバーを使っており、表紙に書かれた「Notebook」は手書きしたものです。








「ノートブックの中のすべてのノート画面例」

例では3つのノートが作られていて、いずれも画像を貼り付けています。








「ノートの画面例」


上のすべてのノートの中の、一番右の「試験的ノート」は次の内容です。

文字列について扱える属性と事例を記述しています。

左側にぼやけた丸いものが写っていますが、これはノート一覧の、一番左のノートが薄く見えているものです。








詳細は zoho のホームページ で確認いただくとして、改善してほしい点は「階層に入っていく、戻る」ではなくプレーン表示にして一番左に「ノートブックのプレーン」次に「ノート一覧リストのプレーン」一番右に「ノートの内容」を表示するような形にして欲しいな、と思います。


この点を除けば、まずまず使えるのではないでしょうか。




その他、音声メモや動画もとれます。


ファイルも保存できます。


手書きノートや、お絵かきは Mac 版では作れませんが、タブレットやスマホでは作成・修正ができます。


その他にも Web Clipper もあっていろいろできますのでホームページを訪れてみてください。

 https://www.zoho.com/jp/notebook/



一番オススメできるアプリでしょう。




参考までに Mac 純正メモアプリの画面例は次のようになっています。

この例では pdf を貼り付けています。

















2020年6月28日日曜日

Adobe Photoshop Camera を使ってみました



Photoshop Camera が Google Play Store に公開されていますが、まだインストール可能な機種が限定されています。



AQUOS sense3 はインストール可能機種ではありませんが apk をインストールしてみました。


⭕ 部分 が Photoshop Camera です(その左が sense3 のカメラ、その下が Open Camera です)。











アプリ情報は次のようになっています。




Ver. 1.0.41




カメラを起動し、レンズを選択したときの画面ハードコピーを次に示します。









実際にレンズを使って撮影した事例が次のような画像です。










次の画像はレンズ適用前の画像です。









青空レンズを適用すると次のような画像が得られます。









一瞬で曇り空が青空になり、画像の他の部分も青空に照らされたように加工されているのがわかります。



面白いと思います。












OCN モバイル ONE の 通話 SIM がバッテリー異常消費 ーー 対策済み

 

 

本記事に関して事実誤認があるとの「田舎の人さん」からのご指摘があり、考察し直した結果、本記事を訂正しなくてはなりません。



これまで閲覧くださった方々には申し訳ございませんでした。

お詫びして以下の一部を訂正いたします。

訂正箇所は「この文字色部分」です。

また、記事末のコメントのやり取りを参照ください。



OCN モバイル ONE の 通話 SIM を 楽天版 AQUOS sense3 plus(DSDV 機能はなし)に挿したところ、バッテリーを異常消費するのです。




この機種に楽天モバイルの SIM を挿した場合、24 時間経過後は 0.5 % 以下/h の消費率ですが、OCN モバイル ONE では 1.0 % 以上/h の状態です。


2〜3倍ほど消費率が高いのです。



まさに「異常消費」という状態です。




Google で「OCN モバイル バッテリー異常消費」で検索してみると「OCN モバイルの SIM はバッテリー消費が異常」という報告が結構あります。



これは 旧コース(APN: lte-d.ocn.ne.jp)/新コース(APN: lte.ocn.ne.jp) を問わず、バッテリー異常消費になるというものです。



しかも「未だ解消せず状態」でかつ「対策なし状態」だそうで、OCN モバイル ONE をやめて他の事業者の SIM に変えるしかない、とのご宣託です。



一説には「OCN モバイル ONE は グローバル IP 割り当てなので、スリープ中に何らかの通信が発生し、これが スリープ解除してバッテリー消費する」との見解を出した方もおられるようです。


外からの通信要求を グローバル IP の場合は受け付けてそれが無用な通信をしている、というのがこの方の見解です。


プライベート IP ならばこういうことはない」ともおっしゃっているのですが、どうも疑問があり眉唾ものです。




困ったことに、この方の見解が結構支持されていて、OCN モバイル ONE の SIM が悪者扱いされているのです。




何でもかんでもこの見解に飛び付きたいようで「悪い都市伝説」事例の様相です。




疑問に思うのは次の理由です。


❏ 楽天モバイルは グローバル IP ですが ping は通りません。

❏ OCN モバイル ONE も グローバル IP ですが ping は通りません。


モバイル網側でファイヤウォールを設けて、icmp や外から中(スマホ)へのアクセスは拒否していると思われます。


「田舎の人さん」からのご指摘によると、網側でのブロックではなく、Android 機側でのブロックだったようです。



グローバル IP 悪者論ならば、なぜ 楽天モバイルはバッテリー異常消費しないのでしょうか。



IP がグローバルか、プライベートかには依らないはずなのです。






こういうことが喧伝されると「OCN モバイル ONE」もいい迷惑でしょう。


このような情報に対して「OCN モバイル ONE」自体が何ら見解・対策を出していないことも、誤った情報の拡散に拍車をかけているようです。





次に考えられるのは特定のアプリにより Deep Doze が頻繁に解けてバッテリー消費する可能性です。



実際に Deep Doze 解除の状況を一晩経ってチェックしましたが、3回程度であり、これによる電力消費は殆どバッテリーには影響していません。


Deep Doze 解除状態や HeartBeat については FCM Diagnostics を PNF-Root アプリで確認しました。


HeartBeat は約 4分ごとに行われていますが殆どバッテリー消費には影響していないのです。




楽天モバイルも OCN モバイル ONE も、ともに HeartBeat のやり取りに異常はありません。



ですが、両者にはバッテリー消費に大きな差異があります。



なにがバッテリー消費の違いの原因なのでしょうか。




OCN モバイル ONE に関し、充電をやめてから何もせずに2時間程度放置しておいた状態で電池使用状況を見てみました。


すると「モバイルネットワークスタンバイ」だけがバッテリー消費しています。




つまり「セルスタンバイが発生」しているということです。




そこで「セルスタンバイが発生しない機内モード」で数時間、バッテリー消費状況を確認すると激減します。


機内モードではなく「モバイルデータ通信をオフ」にしてもバッテリー消費は激減します。





LTE 自体は「セルスタンバイ」は発生しないはずですので 3G(W-CDMA)で発生している可能性があります。



つまり、音声回線用・3G を探してのセルスタンバイではなく、データ通信用・3G に対するセルスタンバイということになります。





楽天モバイルと OCN モバイル ONE の違いは次の点です。


❏ 楽天モバイルは「LTE しかサポート」していない

❏ OCN モバイル ONE は「3G もサポート」している




どなたかの見解:


 グローバル IP 割り当てなので、スリープ中に何らかの通信が発生し、これが スリープ
 解除してバッテリー消費する


眉唾に思いますので、仮説を立てて検証を試みました。





【仮説 と 対応】

  3G を掴みにいこうとするが、掴めずにセルスタンバイが発生しているのではないか、
  と仮設を立てます。



  機内モードにしないでかつ、モバイルデータ通信はオフにしない前提で、3G を探さない
  ようにするために "LTE only" にしてみます。



  AQUOS sense3 plus の場合は LTE と 2G の組み合わせの選択はありませんので、
  この機種の場合は 3G でのセルスタンバイと思われます。



ビンゴ !!!



3G を探しにいくことがなくなったようで、バッテリー消費が激減し、通常使いでも 0.5 % 以下/h になりました。


"LTE only" にするために設定を見直します。


 「設定」
   ↓
 「ネットワークとインターネット」
  ↓
 「モバイルネットワーク」
  ↓
 「詳細設定」
  ↓
 「優先ネットワークタイプ」= "4G(自動)"


この設定では "LTE only" になりません。


この設定は「4G を優先」であって「3G を使わない」という設定ではないようです。


逆に「3G」の場合は「3G」のみ有効で「4G」は使わないようです。




  APN 設定の ”べアラー = LTE


この設定でも "LTE only" にはなりません。


この設定もまた「4G を優先」であって「3G を使わない」という設定ではないようです。





ダイヤルで「*#*#4636#*#*」として、「携帯電話情報」を見ます。

  ※ 4G Switcher アプリでダイヤル入力なしに見れます(下図・左参照)









上図・右参照(□ 囲み部分)。



優先ネットワークの種類を設定:"LTE/UMTS auto (PRL)"(デフォルト)



となっているのを "LTE only" として、やっと ”LTE のみ" になります。






これによって 3G を探さず、セルスタンバイはなくなり、バッテリー異常消費は解消したと思われます。





"LTE only" にしても通話回線自体をオフ(機内モード)ではないので通話や sms への影響はありません。


ただし、"4G LTE 拡張モード:オン"  として VoLTE を有効にしておく必要があります。



電話の発着信は問題なくできます。


sms の送受信も問題なくできます。



もちろんデータ通信使用も問題ありません。








【考 察】

  ドコモの LTE(Xi)の Band19(800 MHz 帯)拡大に伴って、W-CDMA
  (FOMA)の Band19 は現在ほぼ消滅しているそうですが、LTE で Band19 
  を掴めないと W-CDMA の Band6 または Band19 を探すそうです。


  ところが W-CDMA の Band19 は LTE 用に使われているため、現在はほぼ
  なくなっているので、このときにセルスタンバイが発生するのではないか、と考え
  ています。




  AQUOS sense3 シリーズ自体は W-CDMA の Band1(2100)/ 5(850)/ 
  6(800)/ 8(900)/ 19(800)に対応しています。


  ですので、W-CDMA の Band6 / Band19 を探そうとするはずです。


  LTE の Band19 が掴めないエリアが関係していそうです。


  そのために、実質的に W-CDMA Band19 がなくなったいまとなっては
  セルスタンバイに見舞われるのではないでしょうか。


  この考察は間違いとはいえないと思われますが、「田舎の人さん」ご指摘のように
  2G(GSM)でのセルスタンバイもあるのではないか、といまは考えています。





ドコモ系 MVNO だから発生するのか、あるいは端末によるものかどうかはまだわかりません。



端末との組み合わせと、カバーエリア(バンド)が関係していると思われ、MVNO ではなくドコモ本体でも異常消費があるのではないか、と考えています。



3G または 2G(GSM)セルスタンバイが原因だと考えています。



他社 SIM に替えて異常消費はなくなった、という方々は ソフトバンク系または au 系に乗り換えての話しのようですから、IP がグローバルか、プライベートかには依らないと考えています。




いずれにしてもスマホを "LTE only" または "WCDMA only" に設定すればバッテリー異常消費は解消するでしょう。


機種により、また通話を有効にするためには "LTE only" は "VoLTE" が有効でなくてはなりません。


つまり、2G 外しの場合は "W-CDMA only" にし、3G 外しの場合は "LTE only" です。







ちなみに AQUOS sense3 に楽天モバイル SIM 搭載で 100 % 充電から 8時間放置した後のバッテリー使用は 2% ですから 0.25 % /h です(画面HC 参照・OfficeSuite は勝手に起動されています)。


こちらの機種の場合は、

優先ネットワークの種類を設定:"LTE/UMTS auto (PRL)"(デフォルト)

は "LTE only" にはしていません(デフォルト設定のまま)。





sense3 の バッテリー使用状況






【追 記 1】sense3 の 24時間経過後のバッテリー消費状況

0.28 % /h




sense3 の バッテリー使用状況









AQUOS sense3 plus に OCN モバイル ONE SIM を搭載して同じ条件で 8時間経過時点では 2 % の使用ですから 0.25 % /h で、同等の消費率になりました(画面HC 参照)。




sense3 plus の バッテリー使用状況





【追 記 2】sense3 plus の 24時間経過後のバッテリー消費状況

0.29 % /h





sense3 plus の バッテリー使用状況







バッテリーの残日数は少し差がありますが、通常使いの中では誤差のうちでしょう。






OCN モバイル ONE でのバッテリー異常消費で悩まれている方は "LTE only" または "WCDMA only" を試してみてはいかがでしょうか。









【その後の消費状況  追記:2020−06−30】


 充電 100% から 48時間を超えた時点では次のようになっています。

自宅にいるときは原則、静かに放置。
WiFi オン/ LTE オン


 ❏ AQUOS sense3 :楽天モバイル SIM

   残量        :   86 %
   100 % からの消費率:0.288 %/ h
     99 % からの消費率:0.285 %/ h
   残日数       :12 日

   ※ この間、3時間ほど外出時携行あり(殆ど待受のみ)


 ❏ AQUOS sense3 plus:OCN モバイル ONE SIM

   残量        :   86 %
   100 % からの消費率:0.288 %/ h
     99 % からの消費率:0.278 %/ h
   残日数       :13 日
   ※ この間、外出時携行なし





【その後の後の消費状況  追記:2020−07−02】


 ❏ AQUOS sense3 :楽天モバイル SIM

   充電しましたから測定は中止です。


 ❏ AQUOS sense3 plus:OCN モバイル ONE SIM

   まる 4日以上経ちました。

   残量        :  69 %
   100 % からの消費率:0.321 %/ h(0.301 %/ h
     99 % からの消費率:0.317 %/ h(0.296 %/ h
   残日数       :8 日
   ※ この間、外出時携行なし
   ※ Android10 へのアップデートで 2 % ほど消費しましたから
     カッコ内が実態的な数値になります

4日経過して概ね 0.3 % / h ですね。

   満充電からほぼ 2周間近く保つ計算です。