2018年2月3日土曜日

電源アダプターってジャマですねぇ

書斎に 15 台分のコンセントが必要なのですが、そのうちの 10 台が変換アダプターにジャックが直付けされたタイプです。

ONU、メインルーター、サブルーター、HUB 兼用の無線 AP(ルーターをAPで使用)、HDD(TimeMacine用)、ATA、アナログ電話親機、ラズパイ(Asteriskサーバー)、USB 電源 2個の合計 10 台がアダプターでの給電です。


残る 5 台は普通のケーブル+コンセントジャック(PCやディスプレイ、プリンター、シュレッダーなど)ですからテーブルタップに差し込んでもジャマにはなりません。

ところが、変換アダプターなるものは実にジャマなんです。


横に大きいものだとテーブルタップの隣のコンセントを塞いでしまうのでたったの 2 個で 5 口も塞いじゃうのです。

メーカーもこういうアダプターではなく塞がない、しかも変換前および変換後ケーブルの始末をもう少しうまく作って欲しいものですね。

または、いっそすべて USB タイプにして、集合 USB 電源で USB ケーブルだけにするとか、工夫の仕方はいくらでもあるのですが、こういう部分は「気を使わなくてもいい」と思っているのでしょう。


それで 三叉ケーブル(コンセントではなくケーブルなのがミソ)などを使うわけですが、今度はそのケーブルがジャマッけなのです。


アダプターよりはマシなのですが、これって何とかならないものですかねぇ。